2006年01月11日

テイルズオブジアビス 感想

テイルズオブジアビス、ようやくクリアしました。

期待以上によかったなというのが、終わった上での正直な感想です。
元々大きな期待をしてなかったのもありますが。

せっかくなので、過去のシリーズとも比較しつつアビスの感想でも書いてみます。


オープニングについて。

以前の感想で、歌がいまいちあってない気がすると書きました。
しかしゲームをある程度やった後、改めて歌詞を読み返したのですが、すいません藤原さん(鎌足?)、私が間違ってました。

ゲームの内容をイメージして作詞をされたらしいのですが(インタビューより)、確かにすごくマッチした歌詞だと思います。

正直、歌詞読んでるだけで感動してしまいました。

誰だよ合ってないとか言ったのは(お前だ)。


ストーリーについて。

ストーリーもよかったです。
テーマ、と言うか柱もはっきりしていたと思いますし。

ただシンフォニアの時もそうだったんですが、先の展開が簡単に読めてしまうのが残念。
敵かなと思った人はやっぱり敵だったり、こいつの正体は何々だろうと思ったら想像通りだったり。

もう少し意外性のある展開だと良かったのですが。

それと、良い悪いではないのですがよく人が死にましたね。
シンフォニアでは人死にがかなり少なかったのですが、それに対して苦情でもあったのかってくらい人が死んだ気がします。


システムについて。

戦闘は動きがスムーズで、爽快感もありよかったと思います。
FOFなんかは、やや見づらくなるをの除けばお気に入りのシステムです。

戦闘中に操作キャラを代えられるのもGOOD。
それプラス、フリーランのおかげで、戦闘難易度は随分低くなってた気がします。
(ノーマル、ハードしかやってませんが)

一人で走らせておけば大抵の攻撃は当たらないですからね。

よく言われるロードの長さについて
私はそれほど気にならなかったのですが、ロード回数が多いのが気になりました。

特にイベントで少ししゃべってロード、場所が変わってロードとかやられると、さすがに気分が悪くなります。

読み込みの多いプログラムは不安定になりがちなんで、フリーズするんじゃないかって不安になることもありましたし。
(結局一回もありませんでしたが)

戦闘なんかは楽しめる仕上がりだったので、もう少しシステムの細かい部分に気を使って欲しかったです。


ちなみに、残りの感想は超ネタバレになります。
問題のない方のみお進みください。
                         
キャラクターについて。


ルーク:へたれ系主人公。

最初はへたれですが、そんな彼の成長を見守るのが物語の柱の一つだと思います。

ただのぼんぼんだったルーク。

増長し始め、結果町を崩壊させてしまうルーク。

断髪して過去の自分から変わろうとするルーク。

変わったんだけどまたへたれるルーク。

最後は、存在が消えることなく帰ってきます。
アッシュが死んだ時に、その力も引き継いだから生き延びたんでしょう。たぶん。

オリジナルルークの存在喰らって生き延びたって事になると思いますが、キャラクタとしてはアッシュに喰われてた気がします。

はっきり言ってアッシュの方がかっこいい…


ティア曰く極端な人、ルーク。
図に乗りすぎ、調子に乗りすぎ、落ち込みすぎ、反省しすぎ…

でも彼の年齢が実質7歳って事を考えると、すごく納得できる気がします。

7歳の子供ってそんなもんじゃないですか、ちょっとした感情の変化が極端に出やすいものでしょう。

そう考えると結構よくできたキャラなんだなと思います。
そこまで考えてキャラクタ付けされたのかは知りませんが。


ティア:メロンちゃん。

発売前はなぜか悪女風のヒロインを想像してました。

実際は全然そんなことなく、むしろ正義感の強い女性でしたね。

アビス未プレイの友人曰く、「このヒロイン年齢ごまかしてそう」

ひどいと思ったけど反論できませんでした。

ただティアに限らず、みんな実年齢に比べて精神年齢が高すぎだと思います(ルークは7歳換算として)。

普段は理知的できりりとした女性なんだけど、かわいいものが大好きでそれが絡むと普段の印象が崩れると言うのは、ぶっちゃけレジェンディアのクロエとかぶってる気がします。

ただこちらはメインヒロインなため扱いも良く、魅力的に描かれていたと思います。

何しろメロンだし(結局そこか)。


ジェイド:悪の幹部。

ゲームには、強キャラが正式に仲間になった途端弱体化の法則があります。

この人もその法則から逃れられなかったのですが、うまくイベントにかぶせた上で弱体化させられました。

アビスはなぜか、こういった細かいことに随分気を使ってますよね、誤字は多いくせに。

他にも、ルークがイベントで人を殺してしまうまで、人型の敵が出なかったのも考えての上なんでしょうし。


話をジェイドに戻します。

つかみ所のない人でした。

この人の行動信念ってなんなんでしょう?

好奇心がその一つになのは間違いないと思うのですが。


ガイ:裏主人公?

主人公の親友と言う立場でありますが、はっきり言って彼の方がかっこよいです。

特に名台詞が多いと思います。

たとえレプリカでも俺の親友はあっちなんだとか、
お前は今が7歳なんだとか。
(セリフは要約)

やさしい言葉で女性を惹きつけたり、体を張って(?)笑いを取ってくれたりと芸風も広い。

彼が主人公でもいいんじゃないか?ってくらい魅力的なキャラでした。


アニス:意外と苦労人。

ませた子供…を超えちゃった感のあるお子様。

パーティ内ではお笑い担当に近いポジションですね。

貧乳でお笑い担当と言うと、レジェンディアのノーマを思い出します。

比べてみると……宴会部長としてはノーマのほうが上ですかね。

ただアニスの胸は成長途上なので、まだ勝負はついてません(観点ずれとる)。

ノーマはすべる事もよくありましたし(さらに関係ない)。


ナタリア:よく出来たお姫様。

指導者としては優秀そうな人で、初期ルークとは大違いでした。

相方?のアッシュも強い信念と行動力を持った人物なので、この二人が国を継いでいればさぞよい指導者になったことでしょう。

なのでアッシュが死んだあと、エンディングで彼女に対するフォローがなかったのが悲しいです。

それ以上に気になっているのが、彼女に対するアッシュのプロポーズ。

この二人が約束交わしたのって、10歳より前ですよね。
しかもあんなに真面目な言葉で。

この世界の精神年齢おかしいと思います。


アッシュ:真の主人公?

オリジナルのルークであり、ルークレプリカの誕生とともに自らの居場所を奪われた男。
ついでに主役の座も奪われてしまった悲しき男。

ルークのライバルキャラなんですが、正直主人公より断然かっこよい。

こいつとガイのおかげで、ルークの存在が薄く感じられます。

私が特に惹かれたシーンは、ナタリアの偽姫疑惑が浮かび、バチカルから逃げる際にアッシュが助けに来る所です。
その時に、民を守るべき軍人が民に刃を向けてどうする、みたいなセリフを言います。

もうお前が主人公でいいよと思いました。

最後のシーンもそうなんですが、どう見てもこいつのほうがかっこいいです。
なんか幻想水滸伝2で、幼馴染や敵の親玉目立っていて主人公の影が薄かったのを思い出します(あれはしゃべらない主人公でしたが)。


ただ、物語的には本当救いがない人ですよね。
7年間場所を奪われ続け、結局そのまま死亡。

ヴァンに認めて欲しいという望みも、ルークに持ってかれてしまう。

主題歌の通り、僕らひとつになって終わってしまったわけですが、悲しすぎる終わりでした。

余談ですが、アビス最強のツンデレはアッシュだと思います。


ヴァン:中途半端な悪役。

ルークの師匠にして、信頼を寄せる人物。

そしてプレイヤーの10人中9人が想像した通り途中で敵になった人。

よい悪役だったと思うのですが、なんか印象が弱いんですよね。

この人の実力や信念などを、直接見る機会が少なかったのが原因でしょう。

信念の強さや技の冴えなどを、人の口を通して聞くことは多いものの直接お目にかかる機会が少ない。

実際戦った時も、他のボスと比べてそれほど強いわけでもなかったので、鮮烈な印象が残りませんでした。

本当、いい素材だったの思うのですが…


音楽について:

全体的によかったのです。
シリーズ恒例ですが、町ごとダンジョンごとで音楽が違うのもよいです。

これは!と思えるものがなかったのが残念なんですが。

ただアッシュと決着の時、BGMがカルマのアレンジだったのは熱かったです。

これが、ただの主題歌をアレンジしただけ曲だと、こうはいかなかったと思います。

選んだスタッフのセンスと、高い意識を持って作詞を行った藤原さんに、素直に拍手を送りたいと思います。


エンディングについて:

なんかあっさりしすぎて微妙でした。

帰ってきたルークがその後なにをしたのか、アッシュを失ったナタリアはどうしたのか、そういったことが知りたかったです。

個人的にはルークが、レプリカたちの指導者として生きてくのを期待したのですが。


総じて
よかった点も悪かった点もありますが、このゲームやってよかったなと思います。

全体的に、シンフォニアと比べると随分進歩したと感じられます。
基本的な部分は変わってないので、進化したとは言えませんが。

多くの部分で良くなってることは間違いないです。

レジェンディア、アビスと最近のテイルズは良作が続いているので、次のテイルズは…警戒が必要ですかね(笑)。

とりあえずサブイベントの取り残しが結構あるので、難易度マニアにでもして2週目始めようかと思ってます。

↓クリックいただけると励みになります。
人気blogランキング
有名ブログ☆ランキング

posted by 虎 at 21:10| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カイツール襲撃したアッシュをなんの躊躇もなく受け入れるナタリアと自国襲撃した上罪償わないアッシュは、将来国民にいつ真実が分かってしまうか内心怯えながら暮らすのかな
Posted by at 2016年01月30日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11585528

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。